イントラカンパニー・トランスファー・プログラム(企業内転勤プログラム)

カナダの移民プログラムは、いくつかのユニークなビジネス移民申請を提供しています。カナダの企業内転勤(ICT)プログラムは、国際移動プログラムに該当し、カナダに既存のビジネスを拡大したい外国人ビジネスオーナーのためによく適しています。配偶者と子どもも申請に含めることができ、それぞれ就労と学生ビザを発行することができます。カナダでビジネスが確立されると、ビジネスパーソンとその家族は、永住権を申請することができます。

企業内転勤者の条件

  • 母国でビジネスを成功させている起業家は、カナダでビジネスを拡大するためにICT就労ビザを申請することができます;
  • 本国企業は進出前に少なくとも12ヶ月(理想的には3年以上)営業している必要があります;
  • 本国企業は、財務的に健全であり、カナダでの事業を支援する能力があること;
  • ICT 就労ビザを求める申請者は、移民申請前の過去3年間に少なくとも12ヶ月間、本国企業で勤務/従事していなければなりません;
  • 本国企業がカナダにある企業の親会社、子会社、関連会社として関係があること;そして
  • 私たちの経験では、起業家はカナダのビジネスに投資するために、少なくとも25万カナダドルの資金を入手し、初年度の運営費をまかなえることを証明しなければなりません。

企業内転勤者就労ビザの取得条件

もし、あなたの会社がカナダに最初に進出するのであれば、次のような手順となります:

  • 本国の会社の親会社、子会社、または関連会社としてカナダで会社を登録する。
  • 提案されている事業活動、市場調査、カナダでどのように収益性の高い子会社を運営する予定かを概説した事業計画書を作成する。
  • 必要書類には、銀行取引明細書、定款、投資資金の証拠などが含まれます。
  • 申請者は、最初のICT申請後、最大2年間の就労ビザの恩恵を受けることができます。新興企業に雇用されている場合は、就労ビザは1年間しか有効ではありません。
  • カナダの会社のためのフルタイムの雇用の1年後、申請者は、エクスプレスエントリープログラムを通じてPR(永住権)を申請することができます。
スティーブンス・アンド・アソシエイツは、これまで何百ものビジネスパーソンのカナダへの移住を成功に導いてきました。もしあなたがビジネスパーソンとしてカナダに来ることに興味があるなら、基本情報フォームに記入し、送信して下さい。無料で査定致します。