配偶者、内縁のパートナー、扶養家族のためのスポンサーシップ

カナダの移民プログラムの根幹は、家族の再会です。それはカナダ人と永住者が、カナダに来て永住するために資格を得た家族をスポンサーすることができます。

スポンサー

以下のような方は、スポンサーになることができます:

  • 18歳以上、カナダ市民、カナダ永住権保持者、またはインディアン法の下でカナダにいる人。
  • あなたがカナダ国外に住んでいる永住者である場合、あなたは誰かをスポンサーすることはできません。
  • あなたは、障害以外の理由で社会的支援を受けていないことを証明する必要があります、そして;
  • あなたがスポンサーになっているすべての人の基本的なニーズを提供することができます(そして、いくつかの限られた状況で、あなたは低所得者の制限を満たしていること)。

Note: 注:配偶者、パートナー、扶養家族のスポンサーシップには、低所得者の制限(LICO)はありません(扶養家族に1人以上の扶養子供がいる場合を除く)。

スポンサーシップの義務

スポンサーになることに同意すると、最長10年間、スポンサーとなる人とその扶養家族の基本的なニーズを満たすために経済的援助を与えることを約束する誓約書に署名することになります。.

スポンサーのための障壁

あなたが移民ローン、パフォーマンスボンド(契約履行保証状)、または、家族支援の支払いを怠った場合、スポンサーになることはできません。,

  • 社会的支援を受け、以前にスポンサー親族の基本的なニーズを提供するために失敗している。
    退去命令の下にある
  • 刑務所、拘置所、更正施設、または刑務所にいる。
  • 障害以外の理由で社会的扶助を受けている。
  • 破産手続き中である(破産未解決)。
  • 現在の配偶者、パートナー、または子供のスポンサーになることをすでに申請し、その決定がまだ下りていない。
  • 暴力犯罪、性犯罪、親族に身体的危害を加える犯罪で有罪判決を受けた、またはこれらの犯罪を犯そうとした、もしくは脅したことがある。
  • 配偶者またはパートナーがスポンサーで、あなたが5年未満前に永住権を取得した場合。
  • 以前、配偶者やパートナーをスポンサーしたことがあり、その人が永住者になってから3年経過していない場合。

スポンサー

永住権を取得するためには、主たる申請者とその扶養家族がカナダへの入国を認められない者であってはなりません。

あなたの配偶者、内縁のパートナー、または夫婦のパートナーが18歳以上であり、あなたの関係が本物(リアル)であり、単にカナダの永住資格を得るために締結されていない場合、あなたはスポンサーになることができます。

あなたの配偶者または内縁のパートナーがSpouse or Common-law Partner in Canada(配偶者または内縁のパートナーがカナダ内にいる)クラスで申請する場合、彼らはすでにあなたとカナダで同居している(住んでいる)必要があります。

重要:夫婦パートナーとは、スポンサーとの関係では、少なくとも1年間スポンサーと夫婦関係にあるカナダ国外に居住する外国人を指します。カナダ国内に居住する外国籍の方は、夫婦パートナーとしてスポンサーになることはできません。

扶養している子供

配偶者またはパートナーをスポンサーする場合、扶養される子供は彼らの申請用紙に記載する必要があります。主申請者として1人以上の扶養家族をスポンサーする場合、各子供の申請書類一式を提出する必要があります。

注:カナダ国籍の方はスポンサーになれません。あなたがカナダ国籍を取得した後に生まれた子供や、子供がカナダで生まれた場合は、その子供がカナダ国籍である可能性があります。

バイオメトリクス(指紋・写真)について

ご本人およびご家族の方は、バイオメトリクス(指紋情報採取)サービスポイントに出向き、指紋と写真(指紋情報)の採取を受ける必要がある場合があります。

スティーブンス・アンド・アソシエイツは、カナダ人及び永住権保持者が家族をスポンサーするためのサポートを数十年にわたり行ってきました。もし、あなたがスポンサーにふさわしいと思われ、ご家族をカナダに呼びたいとお考えでしたら、私たちの基本情報フォームに記入し、送信して下さい。無料で査定致します。